プロ用講義 傷寒論の鍼灸運用6 陽明病

傷寒論の鍼灸運用⑥ 陽明病

プロ用伝統鍼灸講義です。

今回は、傷寒論の陽明病です。

全1回です。

中華伝承医学会の講義を公開用スライドにしました。

傷寒論の主な証の考え方や脈状、症状、鍼灸配穴を説明しています。

腹部の熱化と便秘

傷寒論の陽明病は、少陽病の胸脇苦満が腹部に至ったものです。

熱が腹部を襲い、水分が少なくなり、便が乾いて硬くなり、便秘になります。

発熱した患者様が鍼灸院に来院することはないでしょう。

このスライドの内容も便秘治療に活用できると思います。

それも、少陽病のように脇の締め付けによるものではなく、乾いて硬くなった便の排泄効果として使えることになります。

陽明病の患者様が来ることはまず無いと思いますが、似たような症状に転用することはできると思います。

タイトルとURLをコピーしました