秋の味覚は夏バテを取ってから楽しみましょう。

秋の味覚、でも夏ばてが・・・

栗など秋の味覚が食卓にならびはじめた。

空気も湿気がなくなりサラリと乾燥した過ごしやすい季節になりましたね。

運動するには、最適な季節です。

暑かった夏の疲れを取るために、歩くなどして足を使うことをおすすめします。

足を動かすことで、胃腸の動きが活発になり、夏バテ解消には最適。

おすすめは、脛の外側、前脛骨筋を動かすこと。

ここには、胃腸のツボが並んでいますので、動かすことでツボが刺激され胃腸の動きが活発になるといわれています。

でも、難しく考えないでください。

大きな歩幅で歩けば、自然とその筋肉が動きますから。

ここで夏バテを取っておかないと、秋の味覚である栗など消化しにくい木の実で胃腸をさらに疲れさせることになってしまいます。

食欲の季節とはいえ、胃腸の状態をみながら食べてくださいね。

秋の味覚を楽しむために、さっそく外に飛び出しましょう。

運動のあとは、食事の美味しさがぐっとまします。

それは、運動することで全身が秋の味覚を望むからかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました