受け皿としての鍼灸。

今の医療は西洋医学が中心です。

西洋医学で健康保険も適用されますので、医療を安い価格で受けることが出来ます。

そして、保険が適用されているということで、ガイドラインも明確で、安定した医療サービスを受けることが出来ます。

つまり、医療の入り口としては安全なのだろうなと思います。

ですが、残念ながら、西洋医学も万能ではありません。

病名が付けられない症状もありますし、中には病名が付いても治らないものもあります。

また、直接死につながらない症状は置き去りになる傾向もあるように思います。

症状の原因がわからなければ、症状緩和薬のみを投与し続けるということも行なわれることがあるようです。

つまり、治せないものが西洋医療にはあるということです。

欧米では、そういった患者の受け皿に、伝統医学が活用され始めています。

西洋医学では原因を定義できない症状も、伝統医学では定義できる場合があります。

どのような病にも、それが発生する原因というものは必ずあります。

それが見つからなければ、症状を緩和する痛み止めなどを永久に飲み続けることになります。

西洋医学は今も進歩中ですから、今は治せない病も後々は治せるようになるのでしょう。

それでも、今は治せない症状があるのも確かです。

そういった状況にある西洋医療をバックアップする位置に鍼灸などの伝統医学が就き始めているのです。

でも、西洋医学が万能になれば、伝統医学は必要なくなるなんてことになるかもしれませんけどね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました