子どもの針治療。

子どもにも針治療は行なえます。

幼児には当てるだけの小児針を用いることが多いですね。

子どもも大人と同じで、様々な症状を訴えます。

多いのは、「お腹が痛い」というものです。

子どもは胃腸が弱く、胃腸症状を発症しがちですね。

そして、それは「下痢」につながることが多く、排便後に軽減する場合があります。

その他、「体がだるい」「疲れた」といった全体症状を訴える場合も多いですね。

どのような症状にも原因は必ずありますので、症状の悪化がないかをみながら、確認していくことが必要です。

急性でなく、慢性的な症状になってくると、生活の中に原因があるので、それを見つけることが大切です。

治療としましたは、まだ小さく弱い胃腸を強くする、というのが基本指針となります。

当てるだけの小児鍼で行います。

胃腸が冷えている場合は、温灸という焼かないお灸で温めたりします。

子どもの体は反応が良く、非常によく効きます。

すばやい治療効果が期待できます。

あとは、体質に合わせた生活パターンを作るのですが、鍛えれば強くなる子ども体です。

甘やかしすぎるのも良くないかもしれませんが・・・。

 

 

タイトルとURLをコピーしました