寒露も過ぎて。

寒露も過ぎました。

10月8日は寒露でした。

寒露も過ぎて、これからどんどんと寒くなってきます。

これから本格的に寒さ対策が必要になります。

寒露とは、

寒露は、二十四節気の一つです。

10月8、9日ごろにあたります。

今年は10月8日でしたね。

寒露とは、露が寒冷にあって凝結しようとするの意味です。

秋がさらに深まってきて、冬へと向かっている感じがする言葉ですね。

日本の北国では紅葉がどんどんとすすんできます。

秋の味覚であるクリなどの収穫期になり、木の実などがおいしい季節になります。

寒露の前に暑くなる。

この甘露が来る前に少し暑くなる日が続いて、その後突然に寒くなってきます。

いったん暑くなって、まだ寒さは大丈夫かなと思っていると、突然に寒さが襲ってきて、皆さんカゼを引いたりします。

この寒露の時が、「暑さ」と「寒さ」の大きな分かれ目になることが多いようです。

もう真剣に冬支度を始めていただいて、数日前の暖かさは忘れていただきたいです。

冬布団や毛布を準備していただいて、寝ている時の寒さ対策をしっかり行なってください。

運動後の汗に注意

この季節は、暑さもましになり、運動をしやすくなります。

ですが、運動後に汗をかいた状態で放置してしまうと、風邪を引いてしまいます。

汗はしっかり拭いて、体を乾かして、風邪をひかないように注意してください。

寒さになれるので辛抱

これから本格的な寒さがやってきます。

体がその寒さに慣れるまでは、少し辛い思いもなさるでしょうが、体というものはうまくできていて、だんだんとその寒さに対応しようと体内から温かさが湧き出てくるようになります。

それまでの辛抱ですね。

タイトルとURLをコピーしました