筋肉の張りが作る歪みを「整体」します。

アジア人は、筋肉が硬いといわれます。

はい、確かにそうだと思います。

硬いですねぇ、アジア人の筋肉は・・・。

西洋人の体をマッサージした後だと感覚がくるってしまって、アジア人を施術するときにこちらの指を怪我しそうになります。

西洋人の筋肉が「柔らかなわた」のようだとしたら、アジア人のは「乾いた綱」のようです。

それぐらいに、アジア人の体は硬いんです。

このアジア人の筋肉が、更にコリなどで硬さをましたら・・・、

そして、そのコリが左右の片方だけにできてしまったら・・・・、

それは、体が歪みますねぇ^^;

歪んで当然、といった感じです。

なぜなら、骨は筋肉つられた石ころみたいなものです。

それを引っ張る力に左右で差が生じたら・・・、歪むことは誰でも想像できることだと思います。

これが、アジア人の体のゆがみの特徴です。

だから、いくら、骨を押してもとの位置に戻しても、また、筋肉のコリが体を歪めてしまいます。

整体をするなら、まずは筋肉のバランスを整えること。

それができれば、骨は自然と中心によってきて、真っ直ぐになります。

体が歪むには、歪むだけの理由があるのです。

その理由を治さなければ、整体とはいえませんよね。

この記事を書いた人
甲子園鍼灸治療センター

中華伝承医学会グループの治療院です。西宮市甲子園の閑静な住宅街に位置しています。伝統的な鍼灸治療や生活カウンセリングを提供しております。

甲子園鍼灸治療センターをフォローする
東洋医学
甲子園鍼灸治療センターをフォローする
甲子園鍼灸治療センター 西宮の鍼灸院
タイトルとURLをコピーしました