生理不順

PublicDomainPictures / Pixabay

目次-西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターのブログ

生理不順

女性の生理周期は、約28日です。

その周期が乱れるものが生理不順です。

生理不順の種類

生理不順には、

・生理周期が不安定な「生理不順」

・生理のとき以外でも出血してしまう「不正出血」

・生理が止まってしまうもの

・生理周期が長い、もたは短い

・生理出血が多すぎる、少なすぎる

などがあります。

基礎体温表をつけてみよう

生理の状態を正確に把握するためには、「基礎体温表」をつけるのがおすすめです。

基礎体温表は女性の温度変化を把握するためのものです。

女性の体には規則的なホルモンバランスの変化により周期的な体温変化がおこり、生理周期が作られています。

生理周期は、高温期と低温気に分かれています。

この周期の切り替えがスムーズに行なわれていることが理想です。

ですが、体は生理周期を作る以外にさまざまな活動を体内で行なっており、体に負担をかける生活を行なうと、体は正しい生理周期を維持できなくなってしまいます。

どのような生活ストレスがかかっているかを生理周期表を見ることでわかります。

基礎体温表をつけるためには朝早くおきなければならないので大変ですが、頑張ってつけてみください。

生理不順の治療

当治療院では、「基礎体温表」と診察診断により、体の左右のツボを使い分けます。

それは、同じツボでも右と左で意味が違うからです。

そして、ホルモンバランスを整えながら正確な体温周期を作り、生理周期を正常な状態ととのえます。

また、出血の量や周期の長短は内臓の機能調整を行い、体内の血液量を調節することにより正常な状態をつくります。

生理不順の原因は、日頃から体を冷やしている「低体温症」や不規則な食事による内臓の疲れ、睡眠不足によるのぼせなどが関係しています。

日常の生活では胃腸に負担をかけるような不規則な食事やダイエットなどはやめていただき、規則正しい食生活や睡眠を行うことが大切です。