「舌診」なにがわかるの?

「舌診(ぜつしん)」は、自分の健康状態を知るのに良い方法です。

朝起きて、歯磨きをするときにちらりと舌を見てみる。

それで、何となく自分の健康状態がわかります。

朝のほんの少しの時間を活用しての健康診断。

そんなのに使えるのが舌診です。

舌診で何がわかるのか?

鏡を準備して、ちょっと自分の舌を見てください。

どのような色をしていますか?

赤色?紅色?紫がかった色?などなど様々だと思います。

白っぽい色の人もいると思います。

東洋医学では、舌からいろいろなことを知ることができます。

みなさんが使えるのは、舌の色や状態、そして、舌にのっている苔の状態を見ることです。

舌の色や状態を見る

舌の色が薄いときは、体が冷えています。

色が濃いときは、熱っぽいです。

紫がかっているときは、血流が悪いです。

舌の周りにぼこぼこと歯型がついているときは、水分代謝が悪く体がむくんでいます。

苔の状態を見る

苔が分厚いときは、胃腸が消化不良の状態です。

その苔が白いときは、体が冷えるものを食べ過ぎています。

苔が黄色いときは、熱を持たせるものを食べ過ぎています。

鍼灸治療では、舌診は大切な診察法

舌はたくさんのことを教えてくれます。

鍼灸治療を行なうのに、とても大切な診察法です。

また、患者様に実際に舌を診てもらい、ご自身の健康管理に役立ててもらうこともできます。

普段から、ご自分の舌を見て、健康管理に役立ててください。

とはいえ、どんな舌が理想的なのかというのは、ちょっとわかりにくいですよね。

一度、専門家に相談しておくと、良いかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました