季節によって適した治療があります。

西宮市の甲子園鍼灸治療センターです。

全身を調整する治療です。

患者さまは、いつもいろいろな症状に悩んでおられます。

その中で多いのが、肩こりなどの筋肉症状。

肩こりなどのコリによる症状は、筋肉を緩めるのがポイントです。

これって、当たり前ですね。

甲子園鍼灸治療センターでは、このコリを治すために、鍼灸による全身の調整を行ないます。

それによって、コリが取れるだけでなく、コリのできにくい体作りを行ないます。

カウンセリングで日ごろの運動法

そして、日ごろのケアについてのカウンセリングもさせていただきます。

今は、誰もが運動不足の時代です。

コリというのは、体を動かすことで解消されます。

現代のコリは、動かさず体を固定するために発生しているものが多いですから。

患者さまには、日ごろの空いた時間にでも肩のストレッチなどの運動法をお願いしたりします。

季節に合わせた治療法

さて、ここまでは普通の話。

これでは、東洋医学らしくありませんよね。

ということで、東洋医学の特徴をご紹介。

人の体というのは、季節ごとに季節に合わせた変化を体内に起こします。

これが東洋医学では大切なんです。

季節ごとの治療法を紹介

『春』は筋肉が堅くこわばる季節なのです。

というより、こわばって感じます。

冬の寒さが終わり、体は動きたくてむずむずします。

でも、冬のこわばりはまだ取れない。

ですから、春には冬のこわばりをとって、早く動ける体にしてあげるため、丁寧にストレッッチをしてあげるのが良いです。

こうすることで、筋肉のこわばりが解消して、コリが良くなります。

『夏』には、血流も良くなり体は動きやすくなります。

ですから、怪我をしにくいので、活動的に筋肉を動かしてあげると良いですね。

ですが、クーラーで冷えていることがあるので注意しましょう。

最近は、クーラーによる冷えで夏コリを起こすことが多いです。

入浴はシャワーで終わらせず、お風呂でしっかり温めて、クーラーの冷えを取ることをおすすめします。

『秋』は、乾燥の季節で、徐々に寒くなってきます。

ですから、冷えと乾燥をいかに防ぐかで、体のこわばりが取れます。

体の保湿や水分補給をして、例えばゼラチンなどを取って、体の中から潤わせてましょう。

そして、冷えに負けないよう温めましょう。。

『冬』は寒くて冷えます。

ですから、体はこわばり動きにくいですね。

一番嫌なのが、カゼです。

カゼは背筋がこわばります。

ひどくなると、全ての関節がこわばります。

とにかく温めて、冷えを防止して、カゼ予防をしましょう。

汗をかきすぎるとカゼをひきやすくなるので、激しい運動はほどほどに。

このように、東洋医学では季節ごとの治療法、健康法を示しています。

肩こりだから運動すれば良いとは単純にいきません。

その季節に体が望むことをやってあげることが、本当の治療ということなのです。