体を秋に方向転換。

季節は、とっくに秋です。

季節もぐんと涼しくなってきて過ごしやすくなってきました。

朝夕は特に涼しいので皆さん風邪をひかないように気をつけてください。

秋に体をシフト

さて季節も夏から秋に変わっています。

まだまだ日中は暑いですが、もう秋ですし、生活を秋に変えていかなければなりません。

街ゆく人々のファッションも急に秋色になりました。

体内も秋に変えましょう。

東洋医学では、この季節の変化に生活を合わせられるかで、秋の風邪などで体調を崩すかどうかが決まってくると考えられています。

そこで今日は、秋の過ごし方について考えてみます。

夏の陽気を発散しちゃいましょう

東洋医学では、夏は草木が成長し、花は咲き乱れ、温かみとしての陽気は最高潮に達します。

体内でも陽気が充実しています。

この陽気を運動することで使い、汗をかくことで、発散しなければなりません。

これが大切な夏の健康法です。

でも、今年の異常な暑さで、運動できるような状態ではありませんでした。

今年は熱中症のリスクについて考えると、確かに運動は避ける方が良いという状況でしたからね。
でも、夏に運動せず、陽気を発散しないと、陽気は体内にこもり、冷房や冷たい飲み物などで

調整せざるを得ません。

このやり方は、熱を発散する以上に体を冷やしてしまいます。

やがて消化器は冷えてしまい機能が低下します。

そして、栄養吸収がちゃんと出来なくなります。

冷えにより免疫力は低下し秋の風邪の原因になります。

夏の余った陽気は肺をいじめる

夏場に発散しなかった陽気は、熱として胸にこもりがちになります。

この胸の熱は肺に悪い影響を及ぼしてハイを乾燥させ秋の咳の原因などになってしまいます。

喘息の人にはよくないことですね。

そして、カゼを引きやすくなります。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、夏から秋にかけての季節の変化に注意しましょう。

今からでも陽気を発散

今からでも遅くはないので運動をして体の中に残った容器を発散しましょう。

そして、もう冷たいものは飲まないようにして体を冷やさないように注意しましょう。

そうすることで体、は秋へと方向転換して、秋を健康に過ごすことができます。

でも、運動後の汗には注意。

カゼを引かないようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました